桜田淳子【グラビア】写真集 70年代アイドル japanese idol 水着 - 桜田淳子の貴重なアイテム

桜田淳子【グラビア】写真集 70年代アイドル japanese idol 水着




○中古CDです。 国内盤 
○状態について
・盤面はスレ、コキズなどありますが、経年並の状態です。
・ケース、ジャケットは、コキズ・ヤケ・シミ・汚れ等、経年並の状態です。
※再生によるチェックは行なっておりません。
※音飛びなど、再生不良のある場合は返品承ります。

○発送について
・ゆうメールにて発送します。送料は180円です。
・不着・紛失・破損等の場合の補償はございません。
・送料は、落札者様ご負担でお願いします。
・入金確認後2日以内に発送します。
・事情により発送が遅れる場合は、ご連絡いたします。

○注意事項

>>詳しい情報はこちら<<








桜田淳子【グラビア】写真集 70年代アイドル japanese idol 水着



桜田淳子 気まぐれヴィーナス,夏にご用心,はじめての出来事,リップスティック,しあわせ芝居,十七の夏,青い鳥,サンタモニカの風,ひとり歩き,三色すみれ

70〜80年代アニメ実写版を当時のアイドルでやるとしたら・・・
https://youtu.be/_Bc8qyn95Aw
本当はこんな振り付けなんてしたくなかった?70〜80年女性アイドル
https://youtu.be/1pxLE3_GaYM
当時より現在の方が綺麗だと思う70〜80年女性アイドル BEST5
https://youtu.be/7dA5ZJBeWog
本当はこんなタイトル曲なんて歌いたくなかった?70〜80年代女性アイドル 
https://youtu.be/3Vnc1OqW47E
70〜80年代女性アイドルの隠れた名曲 BEST5
https://youtu.be/UUvuoJsiOmA
売れなかったが印象に残っている70〜80年女性アイドル BEST5 
https://youtu.be/dFTNhIPixfo・・・続きはこちら⇒桜田淳子【グラビア】写真集 70年代アイドル japanese idol 水着




小嶋 陽菜ちゃんの応援ブログ


浅田美代子さんのアイドル時代について。 浅田美代子さんは、今[エンターテインメントと趣味|芸能人|あの人は今]浅田美代子さんのアイドル時代について。 浅田美代子さんは、今は女優とバラエティーでの天然キャラのイメージが強いですが、 昔は(70年代)、アイドルだったそうですね。 それで質問ですが、当時の彼女はどんな人でしたか?(キャラや印象など) あと、調べた所、同時期に活動(デビュー)していた方は、アグネスチャンさん、あべ静江さん、安西マリアさん、桜田淳子さん等 だそうですが、誰が特に人気でしたか? また、アイドル時代は音楽番組やバラエティーのコント等にはよく出演していましたか?女優の仕事もされていたと聞きます。 僕はこの時代のことにすごく興味があるので、当時に詳しい方、回答お願いします。ちょうど今日、その辺の「明星」「平凡」を読み返してた(笑)。 そこに出てくる中だと、 アグネス・チャンは人気投票1位を何回も獲得してます。 「昭和48年度のレコ大新人賞を予想する!」というコーナーでも 最有力候補は「アグネス・チャン」。 でももしかすると「浅田美代子も行くかもよ!?」的な内容。 レコ大はTBSだからね。。 ページ数的には アグネスと浅田美代子はどっこいどっこい。 表紙やグラビアは浅田美代子が多いかも。 アグネスはファンタジックな扱いで、美代子は庶民的な扱い。 桜田淳子のページ数がそれに続く感じ。でもまだイマイチ。 あべ静江がその次で、でもデビューする時には良い扱い。 でもあまり大きくページ数はもらえないまま過ぎ去った、って感じ。 安西マリアはそこまでいい扱いではなくて 何かと水沢アキと同じような扱いになってて 「ヌードの話ばかり来る〜!」と、新人なのに2人ともそんな話で 残念すぎるよ・・・な感じ。 ま、サンミュージックからマリア&淳子と2人も同期の新人、 いらないよね。 だからすぐマリアはヌードにさせられてマネージャーと駆け落ち(笑)。 浅田美代子はとにかく昭和48〜49年までのプッシュ感というか 勢いはかなりのものがありました。 それに値する人気もあったと思います。 そもそも「時間ですよ」のお手伝いさん役のオーディションは 出来レース。 そのうち天地真理が「アタシあんな子と一緒に出たくない!」と 言い出したほど。 お手伝いさん役がハマりすぎて、映画もあったし。 「しあわせの一番星」のやつ。 田舎から出てきた子がお手伝いさんとして都会暮らしするうちに 友達ができて、都会ってのも知って、 あぁ、毎日幸せ!みたいな貧乏くさい話(笑)。 「時間ですよ」も「寺内貫太郎」も、可愛いだけじゃなくて、 格闘シーンも耐えられるし、樹木希林の意地悪もサラッとかわす、 絶妙な間の取り方が面白かった。 でもあれって、深夜3時くらいまでの撮影で、 演出の久世光彦から「へたくそ!」って灰皿やら色んなのが飛んできて、 青アザになりながら撮影してた、と笑って話してた。 美代子は強い。 あと、天地真理が冠番組を持っていたように、 浅田美代子も確かそんな番組があった。 「それゆけ美代ちゃん」みたいなタイトルのやつ(笑)。 そしてやたらと西城秀樹とのツーショットとか対談が多いのが また何とも言えず芸映もやってくれるわー、って感じ。 これじゃあ、のちの田原俊彦と松田聖子みたいに アンチ聖子ばかりになったのと同じで、アンチ美代子も増えるわなー、 と納得です。 美代子って女子からは割と嫌われてたからなぁ。 あの下から見上げて、媚びる感じの目線が嫌なんでしょうね(笑)。 そのぶんの人気がアグネスにいった感じ。 あの頃って、麻丘めぐみみたいなお姫様カットか、 美代子みたいなクルクルの女の子らしい髪型か、 この2人の髪型が女子の間で人気で、 アグネスや南沙織みたいなストレートのロングヘアが次に続いてた。 浅田美代子は、実家が自動車工場なんだけど、 それが麻布と綱島と、2つ工場を持ってるっていうお金持ちで、 中学から東京女学館、という意外な才媛なんだよね。 浅田美代子が入学した時、上級生に山口いづみがいた、と昔言ってた。 でも浅田美代子は、芸能活動禁止の学校だから、 高校で中退してしまったけど。 勿体ない話だ。 絶対卒業しといた方が良かったのに。 でも卒業後のデビューだと人気出なかったか。 百恵たちが君臨して来るからなー。 百恵が最初の頃、やたらと「秀樹が好き」ってのをアピールしてた ことがあって、あれって今考えると、美代子へのあてつけだったんだろうか。 浅田美代子の人気は「時間ですよ昭和元年」の時には 落ち着いちゃってた印象。 曲も和風なのを出して、しかも評判良くなかったし。 でもフォーク系ミュージシャンには人気があったから、 吉田拓郎は勿論だけど、他のミュージシャンもLPに曲提供したりして、 何か貴重な気がして自分もそれだけは買ったよ(笑)。 歌唱力は、今もっと下手なアイドルいると思う。 浅田美代子は簡単に作られた曲だから逆に難しくなってしまった感じ。 楽屋でタバコすぱすぱ吸ってるのを樹木希林が 「美代ちゃん、あんた若いのにどうしてそんなもの吸うの?」 と言った事がある、と樹木希林がNHKでバラしていた。 結構ヤンキーな浅田美代子。 じつは授業もサボりまくってたと聞くしね。 一時期「となりの美代ちゃん」という雑貨屋が チェーン展開であったんだけど、今もあるのかな。 あれってイメージは浅田美代子だったんだろうなぁ。 あと、石川さゆりがいつもライバル視してたのが浅田美代子で 「下手な子が歌番組に出られるなんて許せない!」と キャンキャン言うのを、見かねた美空ひばりが 「あの子はいいのよ、あれで」とひとこと言ったら、 もう誰も美代子に対して文句言えなくなった、ひばりさん有難う って感謝していた。







歩く広告塔と言えば・・・・・・・・・・[エンターテインメント>芸能人・タレント>懐かしの芸能人]元アイドル歌手&女優の 桜田淳子(54)ですか?

2015-08-09 16:30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 桜田淳子の貴重なアイテム All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。